無料メール査定はこちら

作家略歴

十二代 三輪休雪(龍作)

1940年 十一代三輪休雪(壽雪)の長男として山口県萩市に生まれる 1959年 画家を志望して絵画制作を始める 1967年 東京藝術大学大学院陶芸専攻を修了後、処女作「花子の優雅な生活(ハイヒール)」卒業制作 1974年 山口県萩市椿東上野に築窯 山口県芸術文化振興奨励賞受賞 1977年 萩女子短期大学教授就任 ファエンツァ国際陶芸展でゴールドメダル受賞 1979年 国際陶芸アカデミー(I・A・C)会員となる 1980年 茶陶制作を開始 1981年 個展「初咲展」で茶陶を発表し伝統回帰を示唆するが、翌年には一転し個展「黒の風景展」で新境地のオブジェを発表 1988年 個展「新愛液展」で生の土による巨大な作品を制作 同年の個展「卑弥呼展」で金彩作品を発表 卑弥呼がシリーズ化され「卑弥呼山」「卑弥呼の書」を制作し、このシリーズから作品の大形化が顕著となる 1989年 磁協会賞受賞 1992年 黒陶に色彩を加えた技法「黒陶彩」を発表 1993年 萩陶芸家協会設立、初代会長となる 1994年 山口県選奨芸術文化功労受賞 1999年 中国文化賞受 2000年 還暦を迎えて白釉による「龍氣碗」と名付けた茶陶を発表 2003年 十二代三輪休雪を襲名

関連取扱作品